本文へスキップ
  

お問い合わせはTEL.044-822-3776


溝口神社の御祭神 天照皇大神

 御祭神の天照皇大神は皇室の御祖神であり、また私達(日本人)の総氏神でもあります。
 『日本書紀』の中では、「此のみこ光華明彩ひかりうるわしく、六合くにの内に照り徹る」とあり、この神さまの明るく美しく輝くさま、またその光によって国土の隅々まで照り輝いたという様子が記されています。このことから、太陽神としての御神徳をもち、万物に影をつくることなく日なたを生み出し、すべてのものに様々な活力を与えてきました。
 また同じく『日本書紀』に「未だ此のごと霊異くすびにあやしきみこ有らず。[中略]自当まさすむやけく天に送りて、授くるに天上の事を持ちてすべし」とあり、その高い神秘性と霊妙なご存在から、高天原という、神々のお住まいになる世界の主宰神となりました。
 つまり、天照皇大神さまは、八百万の(様々な)神々の中心となる神さまであり、その他の神々と力を合わせることにより、さらに一層の御神徳を増す神さまであることが分かります。 
これらのことから「天照皇大神」さまは、動植物のみに限らず、八百万の神々に至るまで『万物に活力』を与え、その仲を取り持つことから『物事の調和』をはかる御利益(ごりやく)があるといえるでしょう。
 

由緒・沿革

 神社の創立年代は定かではありませんが、神社保存の棟札よれば、宝永5年(1709年)武州橘樹郡稲毛領溝口村鎮守、赤城大明神の御造営を僧・修禅院日清が修行したと記されております。江戸時代は神仏習合に よりまして、溝口村の鎮守・赤城大明神と称されておりました。
 明治維新後、神仏分離の法により、溝口村(片町・上宿・中宿・下宿・六軒町・六番組)の総鎮守として祀るべく新たに伊勢神宮より御分霊を奉迎し、御祭神を改め溝口神社と改称、更に明治6年(1873年)幣帛共進村社に指定されました。



社務所

information神社情報

溝口神社社務所

〒213-0001
神奈川県川崎市高津区溝口2-25-1
TEL.044-822-3776
FAX.044-822-8968

【参拝時間の御案内】
 ●通常開門・閉門時間
   開門 午前6時
   閉門 午後5時半
   ※例大祭は午後9時閉門
 ●1月1日〜3日(正月三が日)
   開門 午前6時
   ※元旦は午前0時より参拝可
   閉門 1日   午後9時
      2、3日 午後8時
→アクセス